「はるか」の贈呈について

福島から全国を元気にするため、fukushimaさくらプロジェクトでは、新種の桜「はるか」を全国へ贈呈しております。

なお、「はるか」桜の苗木贈呈につきましては、以下の団体が所有・管理する土地・施設に限らせていただいております。
    - fukushimaさくらプロジェクトの協賛企業(過去に協賛実績のある企業も含む)
    - fukushimaさくらプロジェクトに賛同していただける非営利法人・公益法人・自治体等※
    ※贈呈の可否は事務局にて判断いたしますので、ご相談ください。

「はるか」桜の苗木贈呈をご希望の方は、以下のお問い合せフォームよりご連絡ください。

  >>  お問い合せフォームはこちら  <<  

※ 1年間に育成できる本数には限りがあり、状況によって贈呈までにお時間をいただく場合がございますので、予めご了承ください。

※ 原則として1箇所につき1本の贈呈をしておりますが、場合によっては複数本の贈呈が可能ですので、ご希望の方はご相談ください。

※ 災害や植物病等により、お申込時にお約束した苗木をご用意できない場合がありますので、予めご了承ください。

※ ご指定の場所(国内のみ)に苗木をお届け致しますが、植樹及び育成は、地元の造園業者等にご相談するなどご自身でお願いしております。

「はるか」とは

「はるか」は、森林総合研究所が開発し、福島県に贈られた新しい桜です。福島・東北を応援するシンボルとして、
はるかかなたの未来にまで広がって欲しいという想いを込めて、大河ドラマ「八重の桜」の主役であった
綾瀬はるかさんにより、命名されました。
淡いピンクの花弁が重なる艶やかな八重桜であり、木は大きくなり過ぎないため(7m程度) 、公園や庭などにも植樹することができます。